アートブログ

「FUJI TEXTILE WEEK 2022」2022年11月23日(水)〜12月11日(日)

「FUJI TEXTILE WEEK 2022」2022年11月23日(水)〜12月11日(日)
昨年開催の様子 FUJI TEXTILE WEEK 2021 出展作品 西尾美也 《裏地/裏富士》 撮影 吉田周平

 

山梨県富士吉田市で、12月11日(日)まで開催中の「FUJI TEXTILE WEEK 2022」。
今回はその開催概要についてお伝えします。

1000年以上続く、富士山麓の織物産地から発信する「テキスタイルの未来」

FUJI TEXTILE WEEK 実行委員会は、昨年に引き続き、織物産地である山梨県富士吉田市を舞台に、国内外アーティストによるテキスタイルをテーマにしたアート展「織りと気配」と、産地の歴史や現代のテキスタイルシーンを紐解く産地展「WARP&WEFT」の2つの展覧会で構成した布の芸術祭「FUJI TEXTILE WEEK 2022(フジテキスタイルウィーク)」を開催します。
東京から高速バスで1時間半の距離にある富士吉田市は富士五湖観光地として多くの人が訪れる街です。
近代化の流れとともに、日本のテキスタイルをとりまく産業が海外の産業スケールに押され、各産地の生産量も減少していくなかで、富士吉田市のテキスタイルシーンでは現在多様な変化が起こっています。
地方創生への眼差しが増え、産業の再生を図るプロジェクトが立ち上がり、クリエイターなど、観光以外を目的とした人々が富士吉田市を訪れるようになりました。
本イベントでは、テキスタイルを中心とした地域の産業資源とクリエイティビティを混交し、テキスタイルの創造・活性・継承のためのクリエイションとネットワークを紡いでいきます。
2年目となる本年は、国外を含め9名のアーティストを誘致し、よりグローバルな視点でテキスタイルを見つめていきます。
また、現代アートに加え、ファッションや、テキスタイルデザインなど、さまざまな背景をもった作家の出展により、バラエティに富んだ作品ラインナップを計画しており、富士山麓の織物産地から世界に向けて「テキスタイルの未来」を発信します。

アート展「織りと気配」

「FUJI TEXTILE WEEK 2022」2022年11月23日(水)〜12月11日(日)
参考イメージ:YUIMA NAKAZATO《Behind the Design》

アート展示ではアーティストがテキスタイルを素材にした作品や、機屋との共同作業で作り出したユニークな作品を展示します。
そこには柔らかく、風でなびく作品や、あるいは不定形の形状をえがく作品が登場するでしょう。
この展示を通して「堅固な形状を半永久的に維持するはずの彫刻」という概念とは対極の、しなやかに変化し、ゆらぐ彫刻の可能性を追求します。
それは柔軟に時代を生き抜く創造性の姿でしょう。
テキスタイルとアートが織りなす新しい美の世界を作り出します。

アート展「織りと気配」キュレーター:南條史生


「機屋共創プロジェクト」

アート展の取り組みの一つとして産地の機屋とアーティストによる共同制作をおこないます。
織物の街、富士吉田市だからこそ実現する本プロジェクトを通して、テキスタイルとアートの役割や機能を問い、新たな可能性を探ります。

■ アート展 出展作家

安東陽子、落合陽一、シグリッド・カロン、パトリック・キャロル、小林万里子、高須賀活良、YUIMA NAKAZATO、村山悟郎、エレン・ロット

産地展「WARP&WEFT」 – History of textile products in Yamanashi Region –

「FUJI TEXTILE WEEK 2022」2022年11月23日(水)〜12月11日(日)
機屋展示会WARP & WEFT 2021の様子 撮影 吉田周平

この土地に脈々と根付き受け継がれてきたものづくりのDNAが、今なお産地にはタテ系 (WARP)のように通っています。
また、いつの時代も、社会のうねりや個性との出会いがヨコ糸(WEFT)のように駆け抜け、多様な生地やプロダクトが生まれてきました。
本企画では、過去から現在にかけて受け継がれ生まれてきた生地やプロダクトを、山梨ハタオリ産地の系譜とともに展示販売いたします。
さらに、クリエイターやデザイナー向けに記事の可能性を提案する会場も設置します。

産地展「WARP&WEFT」ディレクター:高須賀活良

なお、期間中の月曜〜火曜は休みとなっております。
開催状況につきましては、公式サイトでご確認ください。
チケットはArtstickerより
https://artsticker.app/events/1904

FUJI TEXTILE WEEK 2022 公式サイト
https://fujitextileweek.com/


執筆:Live Art Japan編集部


   


記事一覧に戻る